京浜四大本山巡り
京浜四大本山巡りについて 増上寺 池上本門寺 川崎大師 総持寺

東日本大震災の被災者の皆さまに心よりお見舞いを申し上げますとともに、その心に寄り添った復興が一日も早く円成されることをお祈り申し上げます。
京浜四大本山は、宗派の別を越えて被災者の皆さま並びに被災地の支援を続けて参ります。
今月のピックアップ 毎月、各大本山の行事をピックアップしてお知らせします。
真言宗智山派大本山 川崎大師平間寺
写経会 6月18日(土)、9月10日(土)、11月19日(土)
写経とは、文字の通り仏さまの心・教えである「お経」を書き「写す」ことです。
写経をするということは、“ほとけ”を“うつす”修行に外なりません。また、「写す」は「移す」ことに通じ、仏さまの心や教えを、私たちの身と心に転移する願いの実践でもあります。故に写経は昔から大変功徳のあるものといわれています。故事には、嵯峨天皇が弘仁九年春、天下に疫病が流行したときに般若心経を写経して祈願され、その功徳によって疫病が治まったというお話もございます。是非、川崎大師での写経会を通して、お大師さまと仏縁をお結びください。
 
〇 受 付: 12:30〜   〇 写経開始: 13:00〜
〇 会 場: 信徒会館   〇 参 加 費: 1,000円 ※変更する場合がございます。
  
【 川崎大師の薬師殿では毎日「写経・写仏」の修行体験が行えます 】
〇 受付時間: 9時〜15時 〇 場 所: 薬師殿
※予約は不要、道具もご用意しております。また、お席は椅子席ですので、気軽に
修行体験ができます。お香の薫りがたなびく道場にて、日常からはなれた静寂の
ひとときを過ごしてみませんか?
  
【 写 経 】 般若心経・・・冥加料 1,000円
大般若経六百巻の心髄を262字に凝縮したといわれる般若心経の写経です。
  
【 写 経 】 御宝号写経・・・冥加料 500円
お大師さまの御宝号「南無大師遍照金剛」を写経します。なぞりながらの写経です
ので、初めての方でも安心です。
  
【 写 仏 】 彩色仏画・・・冥加料 1,000円
彩色仏画という、川崎大師オリジナルの「ぬりえ仏画」です。仏様を塗り絵で彩色
していただきます。薬師殿ご本尊様の薬師瑠璃光如来と皆様それぞれの干支を守護
する十二神将の13種類がございます。
○行事についての問い合わせは 川崎大師 までお願いします。
○その他、こちらの「真言宗智山派大本山 川崎大師平間寺」か 
  公式サイト http://www.kawasakidaishi.com/をご覧下さい
京浜四大本山巡り「だより」京浜四大本山巡り「だより」6月号
 (最終更新日2016/6/1)
Adobe Reader
京浜四大本山巡りとは?
 芝・増上寺、池上・本門寺、川崎大師・平間寺、鶴見・總持寺は、国道一号線沿線上にほぼ一直線上に位置する、それぞれの宗派を代表する大寺です。
 現今の世情を見ると、随所にゆがみを生じ、仏教を基盤として私たちの先人達が営々と築いてきた伝統である日本的心情も失われつつあります。
 
 日本人の精神性の大本になる教えを、その佇まいも含めて常に発信し続けてきたのがお寺です。特に大本山はそのための一大拠点です。
 今、仏教各宗・各寺が手を携えて行動を起こさなければいけない時と考えています。幸いにも至近の区域にある四大本山がそれぞれの佇まいの特色や伝統の魅力を生かし、現代を生きている人々がイキイキ生きるためのメッセージを発信したいと願っています。
 是非、この機会に、歴史と自然が溢れる京浜四大本山を巡り、新たなる発見と心安らぐ時間を体感していただきたいと思います。
  (「京浜四大本山巡り」の方法については、こちらをご覧下さい。)
御朱印帳 ページの上へ
 各大本山では、ご参拝の記念として「京浜四大本山御朱印帳」を一部500円にておわけしています。
 
 この御朱印帳には、各大本山の縁起や写真などがコンパクトにまとめられ、各大本山の御朱印を記帳することが出来ますので、ご参拝の折りに、是非、お役立て下さい。
 
 (「京浜四大本山巡り」の方法については、こちらの「巡り」の流れをご覧下さい)
「巡り」の流れ ページの上へ
  • 御朱印帳は、一部500円にて各本山でおわけしています。
  • 御朱印帳がおかれている場所は、各大本山にお問い合わせ下さい。
  • 御朱印帳の郵送等は受け付けておりません
  • 各大本山とも受付時間は、10:00〜16:00 です。
  • お越しの際は、公共機関をお使い下さい
  • 記帳の際は、各大本山にて志納金300円をお納め下さい。
  • 巡る順番はありません。
  • 御朱印帳は再発行しませんので、大切に保管してください。
| はじめに | 増上寺 | 池上本門寺 | 川崎大師 | 總持寺 |
ページの上へCopyright(C) 2009 Keihin Shidaihonzan All Rights reserved.